ソニー、ミラーレス一眼「α5000」を発表--2010万画素でWi-Fi内蔵

加納恵 (編集部)2014年01月22日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月22日、デジタルカメラ「α」シリーズに、ミラーレスモデル「α5000」を追加した。有効2010万画素のExmor APS HD CMOSセンサとWi-Fiを搭載し、充実したカメラ性能を誇る。発売は2月7日。ボディに16-50mmのズームレンズを同梱したパワーズームレンズキット「ILCE-5000L」(店頭想定価格:5万3000円前後)と、パワーズームレンズキットに55-210mmのズームレンズを加えたダブルズームレンズキット「ILCE-5000Y」(同:7万8000円前後)が販売され、ボディ単体での販売はしない。ボディカラーはブラック、ホワイト、ピンク、シルバーの4色をそろえる。

  • 「α5000」ブラックモデルにはブラックカラーのレンズが同梱される

  • ホワイトモデル

  • ピンク、シルバーを加えた4色展開

 最大5456×3632ピクセルの静止画と、AVCHD、MP4形式での動画撮影に対応。上位機「α7」と同様の画像処理エンジン「BIONZ X」により、コンパクトボディながら高い描写力と解像感、高感度撮影を実現する。

 NFCに対応しているため、対応のスマートフォンなどと組み合わせればワンタッチでの接続が可能。再生画面の状態でタッチすれば画像をスマートフォンに転送でき、撮影待機画面でタッチすればスマートフォンをリモコンとして利用できる。

 撮影状況に応じてカメラが自動的に最適な設定に切り替えてくれる「プレミアムおまかせオート」や、背景ぼかし、明るさなどを画面を見ながらコントロールできる「マイフォトスタイル」、13種類のエフェクトが楽しめる「ピクチャーエフェクト」など、撮影機能も充実。「PlayMemories Camera Apps」にも対応し、購入後アプリをダウンロードすることで、新たな撮影方法が楽しめる。

 ボディサイズは高さ62.8mm×幅109.6mm×奥行き35.7mmで、重量約210g(本体のみ)。3.0型の液晶モニタは上約180度のチルト機構を備え、自分撮りにも最適だ。

  • ボディ重量は約210gと軽量コンパクトモデル

  • 電源オン、オフやシャッターボタンなどを装備

  • フラッシュを内蔵する

  • 3.0型の液晶モニタは上約180度のチルト機構を備える

  • 底面

  • カードスロット部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加