エンティス、DSD音源再生に対応したネットワークメディアプレーヤー

加納恵 (編集部)2014年01月17日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「PopcornHour A-410」

 デジタルAV機器の企画、販売などを手がけるエンティスは1月17日、DSD音源の再生に対応したネットワークメディアプレーヤーキット「PopcornHour A-410」(A-410)を発表した。同日から直販サイト「Entis Online Store」 にて予約を受付、出荷開始は1月下旬を予定。直販価格は2万9190円になる。

  • リアパネル

 A-410は、PCなどに保存した静止画や動画などを大画面テレビやステレオで再生できるネットワークに対応したメディアプレーヤーキット。前モデル「PopcornHour A-400」をベースにDSD音源の再生に対応したほか、ESS製DACチップ「Sabre ES9023」を採用し、S/N比112dBを実現したという。

 タブレット端末用の専用アプリ「Networked Media Jukebox」を用意し、A-410内のコンテンツをタブレット上で視聴することが可能。タブレットリモコンとして検索しながらの操作もできる。

 筐体にはシルバーストーン製のアルミケースを採用。H.264、MPEG1/2/4、WMV9、VC-1、XViDといった動画圧縮方式、AAC、MP3、WMA、FLAC、Vorbis、Dolby Digitalなどのオーディオ圧縮方式に対応にする。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加