吉本とクラウドワークスが提携--チラシや番組ロゴを発注

藤井涼 (編集部)2014年01月14日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーとクラウドワークスは、若手クリエイターの発掘を目的としたクラウドソーシングサービス「クリコン」(β版)の提供を開始した。お笑いライブのチラシやポスター、番組ロゴやウェブサイトの制作、映像編集、ネーミングやキャッチコピー募集などを発注する。

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、全国約300校の美大・専門学校に在学する、およそ7万人のデザイン系学生を中心とした若手クリエイターから、新たな才能を発掘するプロジェクトを始動。この取り組みにクラウドワークスが賛同し、コラボレーションという形で新サービスを立ち上げることになったとしている。クラウドワークスはプラットフォームを提供し、サービス運営をサポートする。

 クリコンを通じて発注される制作物のイメージとしては、お笑いコンビ「フットボールアワー」トークライブのロゴ&チラシ作成(5万円)、よしもと幕張イオンモール劇場での定期イベント「爆ハリ」のロゴ作成(5万円)、お笑いトリオ「ジューシーズ」単独ライブのポスター作成(3万円)などとなる。


「クリコン」のトップページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加