logo

ソニー、Bluetoothスピーカとしても使えるCDラジオ

加納恵 (編集部)2014年01月14日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ZS-RS70BT」

 ソニーは1月14日、Bluetoothによるワイヤレス再生機能を備えたCDラジオ「ZS-RS70BT」を発表した。ラジカセのようなデザインを採用する。発売は1月25日。店頭想定価格は1万5000円前後になる。

 ZS-RS70BTはCDプレーヤー、スピーカ、FM/AMラジオ、USB端子を一体化したパーソナルオーディオシステム。NFC対応のBluetoothを搭載し、対応するスマートフォンなどからワイヤレス再生も可能だ。

 USBメモリを挿せば、CDからUSBメモリへの録音にも対応。MP3形式で録音され、専用の録音ボタンも備える。

 本体には小音量時でも迫力ある低音を再生する「MEGA BASS」を搭載する。Bluetoothのほか、音声入力端子経由でデジタルオーディオプレーヤーなどを有線接続することも可能だ。Bluetoothの対応コーデックはSBC。NFCワンタッチ接続の際、本体にキズがつかないよう、専用の保護シートを同梱する。

 サイズは高さ158mm×幅380mm×奥行き235mmで、重量約3.3kg。AC電源で駆動するほか、単2形乾電池6本でも使用でき、約7.5時間のCD再生が可能だ。

  • CDプレーヤーを装備

  • 前面下部にはUSB端子を設ける

  • BluetoothはNFC対応

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集