パナソニック、「快聴音」でテレビの音が聞き取りやすいワイヤレススピーカ

加納恵 (編集部)2014年01月10日 15時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SC-MC20」

 パナソニックは1月10日、テレビの音声をBluetoothでワイヤレス送信するポータブルワイヤレススピーカ「SC-MC20」を発表した。発売は2月14日。店頭想定価格は1万5000円前後になる。

 ワイヤレススピーカ部と送信機から構成され、送信機とテレビを音声ケーブルで接続することで、テレビの音声がスピーカにワイヤレス伝送される仕組み。スピーカ部は直径104mm×高さ45mm、重量191gで置き場所に困らないコンパクトタイプだ。Bluetooth対応のスマートフォンなどと組み合わせればワイヤレススピーカとしても使用できる。

 人の声を強調する「快聴音」機能を内蔵し、ドラマやニュースの音声が聴きやすくなるとのこと。直径3.6cmのフルレンジスピーカを2つ搭載する。スピーカ部にはリチウムイオン充電池を内蔵し、約8時間の充電で約10時間の連続使用が可能。オーディオコーデックはSBCに対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加