東芝、法人向けWindowsタブレット3機種--8インチと11.6インチ、キーボード付きも

坂本純子 (編集部)2014年01月08日 17時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月8日、法人向けにWindowsタブレット3機種を1月中旬に発売すると発表した。

「VT714」
「VT714」

 Windows 8.1 Proを搭載し、ドコモLTE「Xi」モジュール内蔵モデルが選べるWindowsタブレット「VT714」、キーボードの着脱ができるデタッチャブルタイプの11.6型「dynabook V714」、8.0型液晶を採用した小型軽量のWindowsタブレット「dynabook Tab VT484」の3機種をラインアップする。OSは、Windows 7へのダウングレードも可能だ。

「dynabook V714」
「dynabook V714」

 VT714は、11.6型フルHD画面を搭載する。LTE通信モジュールを内蔵し、NTTドコモが提供する高速通信サービス「Xi」に対応したモデルを選択できる。

 HDMI出力端子、RGBポート、有線LANポートなど充実のインターフェースを装備し、画面部分を見やすい角度に調整できるキーボードドッグ(オプション)も用意する。標準で次世代高速無線LAN規格「Draft IEEE802.11ac」に対応し、事務所でのメインPCとしても快適に利用できるとしている。標準価格は14万7000円から。

 また、キーボードドックを最初から装備した、デタッチャブルノートPC dynabook V714も同時に投入する。標準価格は19万9500円から。

「dynabook Tab VT484」
「dynabook Tab VT484」

 dynabook Tab VT484は、Windows 8.1 Proを搭載した、8.0型液晶搭載のタブレットだ。バッテリ駆動時間は約11時間。本体幅は約213mm、約445gの小型軽量サイズも特徴のひとつだ。Microsoft Office Home & business 2013の搭載を選択できる。

 本体前面には約200万画素、背面に約800万画素の高精細カメラを搭載し、ビデオ通話のほか、高精細な画像・映像の撮影が可能だ。会議室等で、ホワイトボードや手持ち資料を斜めから撮影しても、台形補正や白とび補正し、即座にOfficeファイルにデータとして取り込める「TruCapture」を搭載する。

 位置情報から訪問先への経路調査等にも使えるGPSセンサを内蔵するほか、高速無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n(2x2MIMO)をサポートする。対応プロジェクタやプリンタとワイヤレスで高速にデータ転送できる。価格はオープンで、市場想定価格は8万円台の見通し。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加