Evernoteをより便利に使いこなせるおすすめiPhoneアプリ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインノートの域を超え、すべての外部記録をクラウド上に保存できるサービスとしてすっかり定着したEvernote。PCはもちろんスマホなど広いインターフェースを持ち、さまざまな外部サービスとの連携も可能なこのEvernote、これなしでの生活はもはや考えられないという人も少なくないことだろう。

 今回は、Evernoteをますます便利に利用できる10本のアプリを紹介する。これらを活用することで、現在の使い方とはまた違った、新しいEvernoteの使い方が見えてくること請け合いだ。また、自分なりのEvernoteの使い方がなかなか見出だせないという人にとっては、これらのアプリがEvernoteを本格的に活用するきっかけになるかもしれない。ざっとチェックして、面白そうなアプリがあれば使ってみてほしい。

複数のログを同時に記録している最中の画面。アイコンをタップするだけでログが開始される
複数のログを同時に記録している最中の画面。アイコンをタップするだけでログが開始される

 なお、リンク先の記事は執筆当時のもので、それ以降に機能追加や変更が行われている可能性があるので、利用にあたっては留意してほしい。

日々の行動記録をEvernoteに保存できる「iライフログ」

 「iライフログ」(無料:11月11日時点)は、日々の行動記録をEvernoteに保存できるアプリ。行動を始めるときにログを開始し、行動の終わりにログを終了して保存すると、その履歴がEvernoteに保存される。特定の場所に行った時に自動的にログを記録する機能も備える。

本棚。読み終わった本と読書中の本が区別される
本棚。読み終わった本と読書中の本が区別される
読んだ本の気になるページをEvernoteに記録できる「ClipBook」

 「ClipBook」(100円:11月11日時点)は、読んだ本の気になるページをEvernoteに記録できるアプリ。本のページ数と写真をセットで記録することで、あとから振り返りやすいように工夫されている。写真のほかメモの入力にも対応しており、工夫すれば蔵書管理にも活用できる。

バーコードで読み取った本の情報をEvernoteに保存できる「BookEver」

 「BookEver」(無料:11月11日時点)は、本のバーコード情報をカメラで読み取り、Evernoteに保存できるアプリ。蔵書管理はもちろん、図書館で借りて読んだ本の一覧をEvernoteに記録したい場合にも役立つ。指定した図書館の予約ページにジャンプする機能も備える。

iPhoneで撮った画像を補正してアップロードできる「読取ゾウ(ScanEver)」
「読取ゾウ(ScanEver)」。まずは名刺を撮影する。明るさは補正できないので、なるべく明るいところで撮影するのがコツ
「読取ゾウ(ScanEver)」。まずは名刺を撮影する。明るさは補正できないので、なるべく明るいところで撮影するのがコツ

 「読取ゾウ(ScanEver)」(200円:11月11日時点)は、iPhoneのカメラで撮影した名刺などの画像を台形補正し、Evernoteにすばやくアップロードするためのアプリ。一般的なスキャンアプリと異なり、ノートブックやタグをあらかじめ指定してのアップロードが行える。

Evernoteのノートを活用してタスク管理が行える「ZowTask」
「ZowTask」
「ZowTask」

 「ZowTask」(85円:11月11日時点)は、Evernoteでタスク管理を行うことができるアプリ。個々のノートのタイトルをタスクとして読み込むという独特の設計により、Evernote上でのタスク管理を実現している。5段階の優先度やリストによる分類にも対応している。

iPhoneのクリップボードの内容をEvernoteに保存できる「EverClip」

 「EverClip」(300円:11月11日時点)は、iPhoneのクリップボードにコピーした内容を、Evernoteに手軽に保存できるアプリ。あらかじめ本アプリを起動した状態でクリップボードにテキストや画像をコピーすると、アプリを経由してEvernoteへの送信が可能になる。

EvernoteとDropboxの間で相互にデータの移動が行える「Ever2Drop」

 「Ever2Drop」(一時的にApp Storeでの公開を停止中/11月11日時点)は、EvernoteとDropboxの間でデータをやりとりできるアプリ。Evernoteのノートに貼りつけたファイルをDropboxにコピーして共有したり、Dropbox内のファイルをEvernoteに保存するなど、両サービスを連携させた活用が可能になる。

Evernoteに保存した過去のノートをランダムに抽出する「EverShaker」

 「EverShaker」(200円:11月11日時点)は、過去に保存されたノートをランダムに表示してくれるアプリ。ストックしたものの活用されていないアイデアを発掘することで、新しいアイデアを生み出すのに役立てられる。タグやキーワードから絞り込んで表示することもできる。

隙間時間を活用してEvernoteのノートの整理整頓ができる「MoveEver」
「MoveEver」のホーム画面。分類待ちのノートの一覧が表示される
「MoveEver」のホーム画面。分類待ちのノートの一覧が表示される

 「MoveEver」(200円:11月11日時点)は、Evernoteのノートの移動に特化したアプリ。移動させたいノートを一覧から選んだのち、移動先のノートブックを指定するだけの簡単操作で、誤って別のノートブックに保存されてしまったノートを正しいノートブックへと移動させられる。

2つのノートをひとつに統合して整理整頓ができる「MergeEver」

 「MergeEver」(200円:11月11日時点)は、Evernoteの2つのノートをひとつに統合できるアプリ。名刺やハガキの表裏など、スキャン時に別々のノートに分かれてしまった画像を一つに統合することで、検索性を高めつつ乱雑にストックされたノートを整理整頓するのに役立つ。

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加