logo

「iPad Air」セルラーモデル開封の儀--iPhoneやminiとの比較も - (page 3)

坂本純子 (編集部)2013年11月01日 19時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2013年11月01日 19時19分

    電源を入れたところ。各国の言葉で挨拶が流れる。写真は日本語。

  • 2013年11月01日 19時20分

    後はガイダンスに従って言語設定などを行って行くと使えるようになる。

  • 2013年11月01日 19時25分

     アップル純正のアクセサリも用意されている。右は「iPad Smart Cover」(4080円)で、左は「iPad Air Smart Case」(5400円)。

  • 2013年11月01日 19時26分

    Smart Coverは、従来の製品と同様、近づけると磁石でピタッとくっつく。背面にカバーはないので、iPad Airの質感を楽しむにはぴったりだ。

  • 2013年11月01日 19時27分

    「Designed by Apple in Calfornia Assembled in China」と書かれている。

  • 2013年11月01日 19時28分

    美しい背面にもキズをつけたくない、という人にはiPad Air Smart Caseがおすすめだ。

  • 2013年11月01日 19時29分

    内部はやわらかいマイクロファイバで質感もいい。同様に「Designed by Apple in Calfornia Assembled in China」のロゴが入っている。

  • 2013年11月01日 19時30分

    ケースに入れたまま撮影したり操作したりできる。サイズももちろんぴったりだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]