logo

シスコ、H.264コーデックのオープンソース化を発表--モジラがFirefoxでのサポート表明

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年10月31日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ciscoが2013年のIT業界で最も注目されるトレンドの1つに乗じて、高解像度オンラインビデオ用H.264コーデックをオープンソース化する計画を発表した。

 H.264コーデックは、バイナリモジュールで無料でダウンロード提供され、オープンソースプロジェクトの「WebRTC」で使用できるようになる。Ciscoによると、このモジュールに対して、同社のMPEG LAライセンス料は転嫁しないという。

 Mozillaは既に、Firefoxに「OpenH.264」バイナリモジュールのサポートを追加することで、Ciscoによる新たな戦略を最初に支持する企業の1社であることを表明している。

 CiscoおよびMozillaの担当者らは、H.624コーデックをオープンソースとして無料配布することは、両社の提携により、リアルタイムなオンライン映像を、プラグインを使用せずにブラウザからストリーミングすることを可能にするということだと明言した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集