ハーマンカードン、クリアボディを採用したBluetoothスピーカ「NOVA」

加納恵 (編集部)2013年10月30日 14時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「NOVA」

 ハーマンインターナショナルは10月30日、ハーマンカードンブランドのBluetoothスピーカ「NOVA」を発表した。ウーファとトゥイータを内蔵した2ウェイスピーカシステムになる。発売は11月を予定。店頭想定価格は2万9800円前後になる。

 高さ169mm×幅170mm×奥行き149mmのラウンド型デザインで、同ブランドの「SOUNDSTICKS」をイメージしたクリアボディを採用。ボディカラーはブラックとホワイトの2色をそろえる。

 64mmのウーファと32mmのトゥイータ、76mmのパッシブドライバを内蔵し、高音域から、迫力のある低域までを表現。バランスに優れたハイファイサウンドを実現するとしている。ウーファ20W、トゥイータ20Wのバイアンプ駆動により、高域と低域で相互干渉を起こさず、ハイパワー駆動ができる。

 Bluetoothによるワイヤレス接続に加え、光デジタルとアナログの3系等の入力を装備。独自のDSPによるカスタムチューニングを加えたほか、重低音再生が楽しめる「BASS」ブーストボタンを装備している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加