logo

コーエーテクモHD、4月~9月の業績予想を上方修正--営業利益は300%増に

佐藤和也 (編集部)2013年10月22日 17時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーエーテクモホールディングスは10月22日、7月29日に公表した平成26年3月期第2四半期連結累計期間(4月1日~9月30日)の業績予想を修正したことを発表した。

 発表した売上高は154億円(前回発表予想は145億円)、営業利益は16億円(同4億円)、経常利益は38億円(同20億円)、四半期純利益は23億円(同10億円)と、いずれも上方修正した。コーエーとテクモが経営統合して以来、上半期として最高の水準となる見通しとしている。

 修正の理由について、ゲームソフト事業については6月発売したオリジナルタイトルの「討鬼伝」が好調で累計47万本の販売となったほか、オンライン・モバイル事業、メディア・ライツ事業も順調に推移。グループ全体でコストダウンを推し進め、為替や株式相場も好転したことも要因として挙げている。

-PR-企画特集