logo

キングジム、「ショットノート」にA4横型やハローキティ版など追加

坂本純子 (編集部)2013年10月22日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングジムは10月22日、手書きのメモをスマートフォンと連携してデジタル化できるノート「ショットノート」シリーズに、「ショットノート<横型>(ツインリングタイプ)」と「ショットノート<ハローキティ>(ツインリングタイプ)」を追加すると発表した。いずれも11月20日に発売する。

 ショットノートは、手書きメモをスマートフォンアプリ「SHOT NOTE」で撮影すると台形補正や色補正、サイズ補正を自動で行い、美しく取り込めるのが特長だ。

 アプリが取り込んだノートはそのままメールで送ったり、Evernote、Dropbox、Google Driveに保存したりできる。

ショットノート<横型>
ショットノート<横型>

 ショットノート<横型>はA4サイズで、無地とドット方眼の2種類だ。図表やフローチャート、イラスト、子どもが描いた絵などのデジタル化に適している。カラーは黒と白の2色がラインアップする。これまでのショットノート製品に付いていたOCR機能を除き、ノートを縦向きでも横向きでもデジタル化できるという。価格はいずれも787円で、初年度販売目標は8万冊。

ショットノート<ハローキティ>
ショットノート<ハローキティ>

 ショットノート<ハローキティ>は、11月に生誕40周年を迎えるサンリオのキャラクター「ハローキティ」の記念デザインを採用した。表紙とノート本文にハローキティのデザインがあしらわれている。表紙のデザインは3柄で、サイズはS(346円)とM(441円)の2サイズだ。初年度販売目標は10万冊としている。

-PR-企画特集