残量に応じて自動切替するバッテリ最適化アプリ「Du節電」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Du節電-バッテリー最適化+ウィジェット+電池情報&延長寿命(Ver.3.1.0.pro)
金額:290円(2013年10月23日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:DU Apps Studio
使用端末:Xperia A SO-04E
おすすめ度:★★★★☆

 バッテリを長く保たせる秘訣は、タスクや通信の“管理アプリ”の導入だ。初期設定の状態でも未導入時に比べればバッテリの保ちはよくなるハズだが、利用スタイルに合わせて調整することで、効率よくバッテリを保たせられる。

 今回紹介する「Du節電-バッテリー最適化+ウィジェット+電池情報&延長寿命」は、バッテリを効率よく管理するためのアプリだ。アプリとしてだけでなく、ウィジェットが利用できるほか、ステータスバー&通知パネルへのバッテリ残量表示にも対応する。

 このアプリは、バッテリ消費に強く影響するWi-FiやBluetooth、データ通信などの項目に対し、オン/オフ設定された3のプリセットモードの「節電待機」(ネット機能をオフにして通話とSMSのみ有効)、「通常設定」(通話、SMS、データ通信機能が有効)、「アラーム」(通話、SMS、データ通信をオフにしてアラーム機能のみ有効)を切り替えて節電効率を高めるのが基本的な使い方となる。

  • アプリの起動(電池情報)画面。バッテリの温度や電圧、稼働時間などが表示されている

  • 電池情報画面で「電池消耗の計測」をタップすると、「最適化」画面へと切り替わる。「ワンタッチ節電」を再度タップすることで、各種設定が最適化される

  • 「節電設定」では、3つのプリセットモードのほか、3つのスマート(自動)モードを設定できる

 また、有料版である同アプリには、バッテリ残量をチェックし、自動で長時間待機モードに切り替えたり、任意の定刻に設定したモードへ切り替えたりといった、自動切替機能も搭載する。さらに「電池消耗の計測」によって、端末の各種設定や機能をチェックし、最適な節電設定になる「ワンタッチ節電」機能も備える。

 ウィジェットも扱いやすく、バッテリ残量通知だけでなく、各種機能のオン/オフ、モード選択などに対応しており、アプリを起動せずとも各種設定ができる点がよい。一部機能が限定された無料版も公開されているので、このアプリを購入する前に一度試してみるとよいだろう。

  • 通知パネルやステータスバーにバッテリ残量などが通知される

  • ウィジェットも用意されている。バッテリ残量表示だけでなく、各種機能のオン/オフウィジェットも選択できる

>>「Du節電」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加