[ウェブサービスレビュー]ブラウザ上でPDFにコメントや印を書き込める「PDFzen」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Docudesk
内容:「PDFzen」は、オンラインでPDFに書き込みが行えるサービスだ。任意の位置にテキストを記入できるほか、ドローツールで線を書き込んだり、気になる箇所にコメントを追加して、ブラウザ経由で相手に見てもらうことが可能だ。

 「PDFzen」は、オンラインでPDFに書き込みが行えるサービスだ。任意の位置にテキストを記入できるほか、ドローツールで線を書き込んだり、気になる箇所にコメントを追加して、ブラウザ経由で相手に見てもらうことが可能だ。

 使い方は簡単で、まず最初に対象となるPDFをアップロード。作業画面が表示されるので、プレビューを見ながらツールを用いて描画を行う。用意されているのは、テキストボックスの挿入ツール、フリーハンドのドローツールのほか、注釈に使うコメントツール、ハイライトツールがある。これらのツールを用いて記入したのち、発行される固定URLを相手に送れば、書き込んだ内容をブラウザ上で参照してもらえるというわけだ。

  • 「PDFzen」トップページ。右の「Open File」をクリックすればファイルアップロード画面が開く

  • まずはファイルをアップロード。ローカルのファイル以外に、オンライン上にあるファイルのURLを指定もできる。またWordやExcelなどのファイルをアップロードし、PDFに変換したのち利用することもできる

  • ファイルが読み込まれ、作業画面が表示された。上部には各ツールのアイコンが並んでいる。ズームも自在だ

  • テキスト入力ツールを使えば任意の位置にテキストボックスを作成し、テキストを入力できる。文字色は黒で固定されている

  • ドローツールで手書きの円などを書き込んだり、任意の位置にコメントをつけることもできる

  • コメントツールでは任意の位置にハイライトを付与することも可能。コメントなしでハイライトだけをつけて目立たせるツールもある

 すべてオンラインで作業はできるので、PDF編集ソフトやアプリがない環境で、送られてきたPDFにコメントをつけて返却できる。PDF編集ソフトにある注釈ツールすべてがそろっているわけではないが、ひととおりの校正作業はこなすことができるはずだ。プレビュー画面は拡大縮小が自在なので、細かい箇所は拡大して作業できるなど、操作性にも優れている。

 ネックとなるのは、これらツールにおいて、色やフォントサイズが調整できないこと。ドローツールで書ける線も黒一色で、画面上で目立たせるために、せめて赤くらいは使えるようになってほしいところだ。またコメントを記入したPDFをブラウザ上で相手に見てもらうぶんには問題ないが、ローカルにダウンロードして開くと日本語が文字化けしてしまうので、事実上オンライン限定の用途となる。できることとできないことを把握した上で、活用することをおすすめする。

  • 右上の「Actions」をクリックすると、保存後の処理を選ぶことができる。固定URLを発行してメールなどで相手に送る以外に、加工前/加工後のPDFをダウンロードすることも可能だ

  • 他人に送る場合は、発行される固定URLをメールに貼り付けて送るとよい。ただしパスワードを設定する機能はないので、URLが知られないようくれぐれも注意したい。これは送られてきたURLを別ブラウザで開いたところ

  • ダウンロードすると日本語が文字化けするので、日本語を書き込んだ際の閲覧はオンライン限定となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加