logo

[ウェブサービスレビュー]Googleドライブに保存できるウェブページのPDF化サービス「Web2PDF」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Baltsoft Software
内容:「Web2PDF」は、ウェブページをPDFに変換できるサービスだ。URLを指定してボタンを押すだけでウェブページの内容がPDFに変換され、ダウンロードできるようになるほか、Googleドライブへの直接保存にも対応していることが特徴だ。

 「Web2PDF」は、ウェブページをPDFに変換できるサービスだ。URLを指定してボタンを押すだけでウェブページの内容がPDFに変換され、ダウンロードできるようになるほか、Googleドライブへの直接保存にも対応していることが特徴だ。

 使い方は、サイトトップページにあるフォームにURLを入力し、「Convert to PDF」ボタンを押すだけ。変換が実行されたのちダウンロードリンクが表示されるので、クリックして保存を行えばよい。この種のサービスではダウンロードリンクの通知がメールで行われるために手順がやや煩雑に感じられることも少なくないが、本サービスはフローがシンプルで好感が持てる。

  • 非常にシンプルなトップページ。URLを入力して「Convert to PDF」ボタンを押すと変換が開始される

  • 変換中。サーバの混み具合によっては時間がかかることもあるが、これは同種サービスでもとくに変わらない

  • 変換完了。「Download PDF」をクリックするとダウンロードが開始される

 また、ダウンロードするのではなく、Googleドライブに直接保存することも可能だ。連続して変換する場合はこちらのほうが整理しやすいだろう。魚拓用途にも適しているほか、オンラインでそのまま共有する用途に向いている。

 ページサイズや縦横の指定、マージンの設定、キーワードの追加、パスワードの設定といったメニューも用意されているが、これらオプションの利用はいずれも有料となるので、無料版は単純なウェブページの変換だけと考えておいたほうがよい。これについては同等サービスも似たような制限があることがほとんどなので、本サービスだけが著しく不利というわけではない。

 生成されるPDFのレイアウトはオリジナルにかなり忠実で、もちろん日本語も問題なく変換される。メタタグにはとくに固有の文字列が埋め込まれることもないようだ。ただし、PDFの各ページの右下には本サービスのロゴが入るので、対外的に使用するには使いにくい。プライベートでサイトの内容を保存したり、社内でのやりとりに使う程度にとどめておくほうがよいだろう。

  • PDFに変換されたウェブページ。向きは縦に固定されており、ページ幅を基準に改ページされる。各ページの右下には本サービスのロゴが入る

  • Googleドライブへの直接保存にも対応している。連続して変換する場合はこちらのほうが整理しやすい

  • ページサイズや縦横の指定、マージンの設定、キーワードの追加、パスワードの設定などのオプションは有料となる

-PR-企画特集