logo

クリエイティブ、コンパクトから2.1chまで用途で選べるBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年09月10日 14時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリエイティブメディアは、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応したスピーカを発表した。10月上旬から順次発表する。発表されたのは2.1chスピーカシステム「Creative T4 Wireless SP-T4W」(SP-T4W)、ステレオスピーカ「Creative T30 Wireless SP-T30W」(SP-T30W)、「Creative T15 Wireless SP-T15W」(SP-T15W)の3機種。いずれもBluetoothとステレオミニ入力を備える。

  • 「Creative T4 Wireless SP-T4W」

 SP-T4Wは、独自の「Creative SLAM」技術を搭載したサブウーファとアルミドライバを内蔵したキューブ型スピーカ2つを組み合わせた2.1chシステム。Bluetooth、ステレオミニに加え光デジタル入力端子も備える。サブウーファとケーブル接続するコントロールポッドを同梱し、ボリューム調整やオーディオソース選択ができるほか、ヘッドホン出力も装備する。

  • 「Creative T30 Wireless SP-T30W」

 オーディオコーデックはSBC、apt-X、AACに対応。NFC搭載のため、対応するスマートフォンやタブレットとワンタッチでペアリングできる。クリエイティブストア価格は2万9800円。

  • 「Creative T15 Wireless SP-T15W」

 SP-T30Wは、グラスファイバー製コーンとシルク製ドームトゥイータを搭載した2ウェイスピーカだ。NFCを搭載し、対応機器とのワンタッチペアリングを実現。フロント部にはバス、トレブル、ボリューム調整を備え、音量や音質の調整が可能だ。オーディオコーデックはSBC、apt-Xに対応。クリエイティブストア価格は1万2800円になる。

 SP-T15Wは、クリエイティブストア価格7980円のエントリーモデルだ。Bluetooth搭載で、幅90mmのコンパクトボディを実現。トーンコントロールとボリュームコントロールを備えたほか、ヘッドホン出力も装備する。オーディオコーデックはSBCに対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集