logo

歴代最小の据え置き機「PlayStation Vita TV」--9954円で11月14日発売

藤井涼 (編集部)2013年09月09日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは9月9日、携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」(PS Vita)のチップセットとシステムソフトウェアを採用した据え置き型ゲーム機「PlayStation Vita TV」(PS Vita TV)を、11月14日に発売すると発表した。価格は9954円で、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 3)と各種コンテンツを保存できる8Gバイトのメモリーカードをセットにした「PS Vita TVバリューパック」も1万4994円で販売する。

 なお、同社は同日に、据え置き型ゲーム機「PlayStation 4」(PS4)の発売日が2014年2月22日に決まったことと、PS Vitaの新モデルを10月10日に発売することを発表している。


「PlayStation Vita TV」

 PS Vita TVのサイズは、幅約65.0mm×高さ約105.0mm×厚さ約13.6mm、また重量は約110gで、PlayStationファミリーとしては、歴代最小のゲーム機となる。ゲームは、PS Vitaの最新タイトルから、ゲームアーカイブスの初代PlayStation、PlayStation Portable(PSP)の1300本以上のタイトルを楽しめる。ワイヤレスコントローラーは2台まで同時接続が可能。

 また「TSUTAYA TV」「niconico」「Hulu」「スカパー!オンデマンド」「TBS 世界遺産セレクション」「DMM.com」「テレビドガッチ」「U-NEXT」などのビデオ配信サービスを利用できるほか、「PlayStation Store」で提供するビデオコンテンツも視聴できる。

 PS Vitaと同様のユーザーインターフェースを採用しているほか、ブラウザやメール、チャットが楽しめる「パーティー」などの基本機能を搭載。また、定額制音楽サービス「Music Unlimited」や、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」、カラオケサービス「JOYSOUND.TV(仮題)」なども利用できる。

  • 「PS Vita TV」を披露するアンドリュー・ハウス社長

  • 豊富なビデオ配信サービスに対応

  • 将来的にはPlayStation 4のリモートプレイも可能に(ライブ配信より)

 そのほか、PS Vitaと同様にスタンバイモードを備え、「ブラビアリンク」などHDMI機器制御に対応したテレビでは、PS Vita TVを起動すると同時にテレビの電源が入り、ワンタッチでゲームを再開できる。PS Vitaで再生中の動画をPS Vita TVに転送して大画面で楽しんだり、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」の動画を再生することも可能だ。

 さらに、今後実施されるシステムソフトウェアアップデートによって、2014年に発売予定のPS4のリモートプレイや、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)に対応する予定だ。これにより、PS Vita TV上で、ほぼすべてのPS4専用タイトルを楽しめるとしている。

-PR-企画特集