TBSがベンチャー投資に進出--子会社を立ち上げてメディアやエンタメ、ITに投資

岩本有平 (編集部)2013年09月02日 14時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京放送ホールディングス(TBS HD)は8月30日、新会社「TBSイノベーション・パートナーズ合同会社」を設立したと発表した。出資金は2000万円で、100%TBS HDが出資する。

 TBSイノベーション・パートナーズ合同会社では、TBSグループの新規事業開発を主な目的として、ベンチャー企業への出資や連携、協業を進める。ベンチャー企業やその起業家との接点を拡大することで、新事業成長を加速を狙う。

 TBS HDとTBSイノベーション・パートナーズ合同会社では、9月前半にも18億円規模のベンチャーファンドを組成する。同ファンドでは、国内外のメディアやコンテンツ、エンターテインメント、IT分野を中心とするベンチャー企業等への出資を進める。

 2013年1月にフジ・メディア・ホールディングスが「フジ・スタートアップ・ベンチャーズ」を設立し、スマートエデュケーションやエイリム、ジモティーなどへ出資をするなど、メディア企業によるITベンチャーへの投資がにわかに活発になってきている。業界では、今回のTBSの参入に加えて、他のメディア企業によるベンチャー投資の可能性があるといった話題も出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加