logo

Twitter、チケット販売会社Ticketmasterの元CEOをコマース部門の責任者として雇用

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年08月28日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、同社のプラットフォームを通じたEコマースの推進を継続するなか、Ticketmasterの元最高経営責任者(CEO)Nathan Hubbard氏をコマース部門の責任者として新たに雇用した。

 チケット販売会社Ticketmasterを2週間前に退職したHubbard氏は、2013年2月時点で2億人以上のアクティブユーザーを抱えるTwitter上で、同社の一員となることについて「興奮している」とツイートした。

 Bloombergの報道によると同氏は、Twitterのグローバル収益担当プレジデントを務めるAdam Bain氏の直属になるという。

 「私にとってTwitterは、今この瞬間の情熱を記録する心電図のようなものだ。このため、コマース部門の責任者として同社に参加したことを発表でき、興奮している!」(Hubbard氏)

 Bloombergの報道によると、Hubbard氏の役割は、業者や決済企業と競合することではなく、そういった相手を見つけ出して連携することも含んでいるという。同氏は、ツイート内で製品やサービスを販売するためのツールを小売業者に対して提供する計画だと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集