logo

中国の「.cn」ドメインにDDoS攻撃、多くのサイトが一時ダウン

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2013年08月27日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のインターネットが現地時間8月25日に攻撃を受け、多くのサイトがダウンした。高い能力をもつハッカー集団または個人による攻撃の可能性があると、セキュリティ専門家はみている。

 The Wall Street Journal(WSJ)の記事によると、25日の攻撃は、中国政府いわく「.cn」ドメインを狙った過去最大の分散型サービス拒否(DDoS)攻撃だという。またセキュリティ企業CloudFlareからの情報として、攻撃は最大4時間にわたって続き、.cnドメインの多くのサイトがダウンしたと伝えている。影響を受けたサイトの一部は、主にページの一部がキャッシュに保存されていたことから、攻撃中もアクセスが可能だったという。

 中国政府が管轄するChina Internet Network Information Center(CNNIC)は声明の中で攻撃の事実を認め、これまで中国が受けた中で最大規模のものだったと述べている。CINICは現在サービスを徐々に復旧させており、今後は同様の攻撃から保護するべく、.cnトップレベルドメインのセキュリティ向上に取り組むという。

 現在のところ、中国ドメインを攻撃した犯人は不明だ。しかし、CloudFlareの最高経営責任者(CEO)Matthew Prince氏はこの件に関する声明の中で、高い能力をもつハッカー集団が.cnをダウンさせた可能性がある一方、「個人によって行われた可能性もある」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集