Pandora、第2四半期決算を発表--利益見通しは期待に届かず株価下落

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年08月23日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ最大のラジオサービス「Pandora」を運営するPandora Mediaは米国時間8月22日、2014会計年度第2四半期(7月31日締め)に大幅な増収を達成し、モバイルの売上高も前年同期の2倍近くになったと発表した。しかし投資家たちは今後の利益見通しに失望し、同社の株価は時間外取引で下落した。

 Pandoraはインターネットラジオ市場で支配的な地位を占めているが、先行きは不確かだ。強大なAppleが2013年秋の公開に向けて独自のウェブラジオサービス「iTunes Radio」の準備を進める中で、Pandoraが現在の主導的地位を維持できるかどうかは分からない。

 同社の利益見通しはウォール街の期待を下回り、投資拡大の見通しに不穏な影を投げかけた。

 第3四半期の調整後利益について、Pandoraは1株あたり3~6セントになるとの予測を示した。だが、アナリスト予想の平均は8セントだった。Pandoraは2014年度通期の見通しを上方修正したが、修正後も予想レンジには達していない。

 明るい材料は売上高で、前年同期比55%増の1億5740万ドルとなった。このうち広告収入は同44%増加した。モバイル収入は前年同期から92%増加した。

 Pandoraはさらに、第2四半期の総聴取時間が前年同期比で18%増加し、38億8000時間になったと述べた。

 Pandoraが報告した第2四半期の純損失は780万ドル(1株あたり4セント)だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加