logo

JVC、欧州向けデザインヘッドホン「esnsy」を先行販売--ビクターダイレクトで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは8月8日、JVCブランドからステレオヘッドホン「esnsy(エッセンシー)」シリーズ4機種を先行発売すると発表した。国内の正式販売に先駆け、同日から9月30日までの間、直販サイト「ビクターダイレクト」で受注する。商品発送は8月21日より順次。

  • 「HA-SR85S」

 esnsyは、メタリックなフレームにレザー調のヘッドバンドやシースルーのハウジングを採用し、その質感やデザインが、海外で高評価を得ているシリーズ。発売するのは、オーバーヘッドタイプの「HA-SR85S/SR75S」、密閉型インナーイヤータイプの「HA-FR65S/FX45S」の4機種。

  • 「HA-SR75S」

 HA-SR85Sは、口径40mmの高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載。耳全体を包み込み、密閉感と装着感に配慮したソフトイヤーパッドとソフトヘッドパッドを採用している。ケーブルは片出し1.2mのフラットタイプを使用。ブラウンとブラックの2色展開で、ビクターダイレクト販売価格は1万4800円。

  • 「HA-FR65S」

 HA-SR75Sは、口径30mmの高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載。ソフトイヤーパッドとソフトヘッドパッドを採用した耳の乗せスタイルで、1.2mのフラットケーブルを採用する。ブラウン、ブラック、ホワイトの3色展開で、ビクターダイレクト販売価格は1万1800円。

  • 「HA-FX45S」

 HA-FR65Sは、口径10mmの高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載した密閉型インナーイヤータイプ。1.2mのフラットケーブルを採用する。ブラウン、ブラック、ホワイトの3色展開で、ビクターダイレクト販売価格は5980円。

 同じく密閉型インナーイヤータイプのHA-FR45Sは、口径8.5mmの高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載し、ケーブルには1.2mのフラットケーブルを採用。ブラウン、ブラック、ホワイトの3色展開で、ビクターダイレクト販売価格は3980円

 なお、HA-SR85S/SR75S/FR65Sの3機種は、ハウジング部にマイク付きリモコンを付属。スマートフォンのハンズフリー通話や音楽再生などの操作が可能だ。変換コード不要の切換スイッチ付きコントローラは、各社のスマートフォンに対応している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集