クラウドファンディングサービス「Makuake」が始動--Amebaと連携したプロジェクトを展開 - (page 2)

岩本有平 (編集部)2013年08月07日 15時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資型への挑戦は「冷静に見ている」

 中山亮太郎氏は、CAC設立以前にサイバーエージェントグループのベンチャーキャピタルであるサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)でベトナム投資を担当していた人物。

 金融庁がベンチャー支援施策として投資型クラウドファンディングの法整備を進めているが、この点について聞いたところ、「役員会でも可能性については語っている。投資型をやる可能性はゼロとはしていない。匿名組合や融資など、やり方はある」と説明。ただし現状では、「ダイレクトに(不特定多数に)発行した株式が機能するかは冷静に見ていく。金融商品として考えても、よりユーザーにとっていいものがある状態。法律面も考えて判断する」とした。


サイバーエージェント・クラウドファンディング代表取締役社長の中山亮太郎氏(左)とサイバーエージェント・クラウドファンディング取締役の坊垣佳奈氏(右)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]