東京タワーからズームイン--150ギガピクセルの東京パノラマ写真はどこまで見える?

Christopher MacManus (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月03日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本に住んでいない人のほとんどにとって、日本の中心地である東京を訪ねることは、費用がかかるのは言うまでもないが、必ずしも簡単ではない。しかし、150ギガピクセルという超高解像度の360度パノラマ写真なら、この巨大都市のめったに見ることができない姿を一望できる。

東京にある高層ビル群や東京タワー周辺にある街並の細かなところまで見ることができる。
東京にある高層ビル群や東京タワー周辺にある街並の細かなところまで見ることができる。
提供:360cities.net

 写真家で360cities.netを創設したJeffery Martinさんは、6時間をかけて、東京タワーの大展望台の屋根から60万ピクセルの幅を持つ魅力的なパノラマ写真を撮影した。その後、高性能の富士通製コンピュータ(192GバイトのRAM、2基のクワッドコア「Xeon」プロセッサ、4Gバイトのグラフィックスカードを搭載)を用い、3カ月を費やして、自身が撮影した1万枚の写真を1枚ずつつなぎ合わせたという。

東京タワーから撮影したパノラマ写真でここまでズームインできる。
東京タワーから撮影したパノラマ写真でここまでズームインできる。
提供:360cities.net

 もし無謀にもこの東京パノラマ写真を印刷しようとすれば、幅328フィート(約100m)、高さ124フィート(約38m)という驚くべき大きさになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加