英文チェッカー「Ginger」にフレーズ候補を表示する新機能

藤井涼 (編集部)2013年08月02日 17時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ginger Softwareは、入力した英文をワンクリックで正しいスペルに変換してくれるサービス「Ginger(ジャンジャー)」において、英文予測機能「Rephraser(リフレイザー)」の提供を開始した。

 Rephraserは、途中まで書かれた英文に含まれる単語や構文を解析して、その後に続く適切なフレーズ候補をレコメンドして表示してくれる機能。「Love」や「Hate」など感情を表す文章は、より豊かな表現になるようレコメンドするという。

 4月25日に公開したGingerは、10週間で7万人のユーザーが利用しているという。価格は無料で、学習機能と文章読み上げ機能を利用する場合は3年プランで89ドルとなる。ただし、当面は無料で提供するとしている。


英文予測機能「Rephraser」の利用イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加