logo

任天堂、会員制サイト「クラブニンテンドー」で不正ログインが発覚

佐藤和也 (編集部)2013年07月05日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は7月5日、同社が運営する会員制サイト「クラブニンテンドー」にて、不正ログインが行われたことを発表。「『クラブニンテンドー』サイトへの不正ログイン発生のご報告とパスワード変更のお願い」と題したページを掲出している。

 この不正ログインは、他社サービスから流出したと思われるIDやパスワードが使用され、2万3926件の不正なログインが行われたとしている。

 経緯としては7月2日夜に大量のアクセスエラーが発生しているのを確認し調査を開始。不正ログインが確認された期間は6月9日から7月4日まで。参照された可能性のある顧客情報としては氏名、住所、電話番号、メールアドレス。なお個人情報等の改ざん、クラブニンテンドーポイントの不正使用は確認されず、クラブニンテンドーではクレジットカード情報を保有していない。

 7月5日15時に、不正ログインが行われたID・パスワードを利用したログインができない措置をし、該当するユーザーに対して個別にパスワード再設定をお願いするメールを送信している。

 なお同社では、今回の不正ログインは他社サービスから流出したと思われるID・パスワードが使用されていることから、他社サービスと同一のパスワードを使用しているクラブニンテンドー会員は、別のパスワードを設定するよう呼びかけている。

-PR-企画特集