Wi-Fi搭載、ライブビュー撮影時もAF速く--キヤノン、一眼レフカメラ「EOS 70D」

坂本純子 (編集部)2013年07月02日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは7月2日、初心者だが本格的なカメラを求めるワンステップアップ層をメインターゲットにしたデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を発表した。8月29日に発売する。キヤノンオンラインショップ価格はボディ単体が12万9800円、EF-S18-55IS STMレンズキットが13万9800円、EF-S18-135IS STMレンズキットが16万9800円の見込み。

「EOS 70D」
「EOS 70D」

 EOS 70Dは、2010年8月に発表した「EOS 60D 」の後継モデルだ。新たに、ライブビュー撮影時のAFスピードがファインダ撮影時のAF並になる新技術「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載した。

 デュアルピクセルCMOS AFは、新しい撮像面位相差AFで、コントラストAFを使用せず最終合焦まで可能。新開発のCMOSセンサは、一つ一つの画素を二つのフォトダイオードで構成され、全有効画素が撮像と位相差AFの機能を兼ね備えているという。これにより(1)ワンショットAFがより高速、(2)コンティニュアスAF・動画サーボAFの追従性が向上、(3)動画サーボAFがより滑らかに動作──の3つのメリットがあり、静止画だけでなくスムーズな動画撮影が行えるとしている。

EOS 70Dのポジショニング
EOS 70Dのポジショニング

 このほか、新たにタッチに対応した「バリアングル・タッチパネルクリアビュー液晶II」を搭載。Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンと連携してリモート撮影が可能だ。

 約2020万画素のCMOSセンサ(APS-Cサイズ)と映像処理エンジンDIGIC5を搭載し、常用ISO感度は100~1万2800。拡張時には2万5600まで対応する。AFはオールクロス19点AFセンサ(中央F2.8対応・デュアルクロスセンサ)。これまで最高約5.3コマ/秒だったが、最高約7コマの連写が可能になった。

  • EOS 70Dの撮影スタイル

  • スマートフォンとの連携も

  • EOS AFの進化

  • 新開発のCMOSセンサ

  • ターゲットはステップアップ層

  • 「EOS M」からステップアップし、妻夫木聡さんがEOS 70DのCMに出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加