「ポケモン」の無許諾スマホアプリ利用に警告--ゲームプレイに悪影響も

佐藤和也 (編集部)2013年06月28日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポケモンと任天堂は6月28日、任天堂公式サイトのサポート情報にて「『ポケットモンスター』シリーズをお楽しみ頂いている皆さまへお知らせ」を掲示。無許諾で販売されているスマートフォンアプリについての警告を行った。

 掲出された内容によると、この無許諾のアプリで不正なポケモンのデータを作ることができ、非公式のサーバーを用いて、不正なポケモンをゲームソフト内に送り込む機能を有しているという。

 そして不正なポケモンがゲームソフト内に送り込まれると、ゲームが正常に遊べなくなったり、場合によってはゲームそのものが遊べなくなったりすることもある。さらに、ポケットモンスターシリーズは他のプレイヤーと通信機能を使って対戦や交換などができるが、不正なポケモンを用いて通信を行った場合、通信相手も正常にゲームがプレイできなくなるなどの悪影響があるとしている。

 両社は取扱説明書に従った正しい遊び方でプレイするよう呼びかけるとともに、ゲームデータ改ざんなどの行為によって引き起こされた一切の不具合や不都合などについては、元の状態に戻すなどの対応はせず、またポケモンが開催しているゲームの大会では、通常プレイ以外の方法で手に入れたポケモンを使用した場合、発覚した時点で失格とし、その後開催される全ての大会への参加を認めないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加