Exciteが経験から導き出した「非ゲームアプリが成長するための11のポイント」

岩本有平 (編集部)2013年06月19日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 D2C子会社で成果報酬型広告などを開発するD2C Rは6月17日、「ゲーム以外で!事業として成功させるアプリビジネス最前線!」と題したイベントを開催した。会場ではRetty、ポッケ、エキサイト、ユナイテッドの4社が、自社が手掛けるゲーム以外のアプリのユーザー拡大に向けた施策やノウハウなどを紹介した。

 本稿ではその中から、エキサイトの岡田英之氏が語った、同社のユーザー拡大政策やその事例について、11の項目で紹介する。

 2009年2月と比較的早い段階からアプリ事業に参入したエキサイト。iOSやAndroidをはじめとして、これまで100以上のアプリを開発。合計950万件以上のダウンロード実績があるという。直近では、講談社の漫画雑誌「モーニング」のコンテンツを雑誌発売と同時に閲覧できる電子書籍「Dモーニング」なども提供している。

 そんな同社のユーザー拡大施策は次の通りだ。

1.キャリア定額

 KDDIのauスマートパスに14アプリ、NTTドコモのすごトクコンテンツに1アプリを提供する同社。これらのキャリアが提供するアプリの定額利用サービスにアプリを提供することで、Androidアプリでの収益が安定したという。

2.アドネットワーク

 アドネットワークを使ったマネタイズも重要だ。エキサイトニュースのアプリは、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)を利用することで、eCPM(広告1000回表示ごとの収益額)が25円から50円へと、2倍に増加した。

3.アプリ記事広告。

 アプリ内、特にレビュー系のアプリ内にアプリの記事広告を入れると効果が高い。記事のページビューは3000~1万2000PVに、クリック数は300~6500件、アプリのダウンロード数は150~3500件程度となる。

4.クロスプロモーション

 アプリ起動時などに、自社アプリ間での相互誘導を実施する。CTRは10~30%と非常に高い。

5.レビュー依頼ダイアログ

 最新版のアプリを利用しているユーザーや、最新端末を利用しているユーザーに対して、アプリ起動時20回に1回程度、アプリストアでのレビューを依頼するダイアログを表示した。

 これにより、エキサイトニュースのアプリでは、これまで50件だったレビューが450件に増加。ユーザーの声の可視化を実現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加