通知センターから起動できるEvernote用メモアプリ「QuickEver」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QuickEver - The Most Fast Evernote Memo App
価格: 170円(2013年08月27日時点)
おすすめ度:

5.0

  • 開発:Naoto Koide
  • カテゴリ:仕事効率化

 「QuickEver」は、Evernoteにメモを送信できるテキストエディタアプリだ。日時などをワンタッチで挿入できるメニューやスワイプでのカーソル操作など使いやすい編集モードを持つほか、通知センターからも起動できるので、すばやくメモを取ることが可能だ。

  • 起動時の画面。ノートブックとタグは初期設定のものが使われる。変更したければ上段をタップすることで選択画面が表示される

 アプリを起動すると編集画面が表示されるので、メモを記入して右上の緑のアイコンをタップすることでEvernoteに送信される。テキスト入力に特化したアプリということで、写真や音声ファイルを貼り付ける機能はないが、そのぶん軽快な操作を実現している。ノートブックとタグは初期設定のものが使われ、任意に変更することもできる。

 日時やチェックボックスをワンタップで入れるためのメニューは自在に開閉できるので、編集画面を広く使うことができる。他のエディタアプリでは入力欄が狭くテキストを入力しづらい場合があるので、本アプリのメリットの一つといえる。またキーボードを下にドラッグして非表示にすることもできるので、書いたメモを全画面でざっと閲覧したい場合にも便利だ。

 テキスト編集で特筆すべきなのはスワイプでのカーソル移動をサポートしていることだ。最近ではいくつかのエディタアプリが採用しているインターフェイスだが、確実にカーソルの位置を移動させられるので、たとえ極小サイズのフォントを指定していても、スムーズな位置指定が行える。

 また通知センターから起動できるのもユニークだ。リマインダという形で設定しておき、通知センターに表示させるという裏技的な仕組みなのだが、どのアプリを起動していてもすばやく編集画面を表示してメモが取れるのは、同種のアプリにはあまりない強みと言える。コピーしたテキストを貼り付けて即送信することも可能だ。

 過去に送信したノートを本アプリで参照することはできないので、参照する場合は純正アプリなど別アプリを使う必要がある。こうした点を踏まえた上での利用となるが、エディタアプリとしては抜群の使い勝手を誇っており、Evernoteにこまめにメモを取りたいニーズに最適だ。現時点で未実装のアンドゥ機能、文字数カウント機能が追加されれば、さらに使い勝手がよくなることだろう。

  • キーボードをドラッグして非表示にすることもできる。書き上げたテキストをなるべく広い画面で参照したい時などに便利だ

  • 日時、チェックボックス、箇条書きなどをワンタッチで挿入できる。ボタンが並んだメニューは自動/手動で開閉できる。書き終えたら右上の緑のマークをタップして送信する

  • 送信完了。過去に送信したノートを本アプリで参照することはできないので、参照する場合は純正アプリなど別アプリを使う必要がある

  • 通知センターから起動することが可能。どの画面からでもすばやく起動してメモを取るのに便利だ

  • 設定画面。GPS情報の付与が行える。フォントの種類やサイズも自在に指定できる

  • スワイプによるカーソル移動のオンオフや、先頭行を本文に含めるかなど、細かい動作設定が可能だ

>>QuickEverのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加