logo

国内外多数のサービスに対応した短縮URL復元アプリ「Long URL Expander」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Long URL Expander(Ver.0.4.2)
金額:無料(2013年4月17日時点)
カテゴリ:通信
開発:Atomic Gear
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★★

 「Long URL Expander」は、掲示板やSNSなどに貼られている短縮URLを、もとのURLに復元してくれるアプリだ。国内外の約170種類もの短縮URLサービスに対応しており、簡単な操作で短縮URLからもとのURLを復元し、危険なサイトかどうかを判断するのに役立てることができる。

  • 例えばこのように短縮URLを含むツイートがあったとする

 アプリをインストールを終えると、ブラウザなどに貼られている短縮URLを長押しした際、アプリ選択メニューの中に本アプリが表示されるようになる。本アプリを選択すると解析が行われ、短縮URLと元のURLの両方が表示される。危険なURLでないと判断すればそのままブラウザに戻ってアクセスすればよいし、そうでなければ閉じればよい。ブラウザのほか、TwitterやFacebookなどのクライアントアプリに貼られているURLでも同様の操作が行なえる。

 仕組み自体は前回紹介した「ダックスフンドURL」と同じだが、大きなメリットが2つある。ひとつは対応する短縮URLサービスの多さだ。国内外合わせて約170種類ものサービスに対応しているほか、最新のリストをクラウドからダウンロードする仕組みになっているので、新たな短縮URLサービスが登場した場合でもアプリそのもののアップデートを待たずに対応サービスが追加できる。

 もうひとつは、カスケードされた短縮URLの復元にも対応することだ。貼られたURLを自動的に短縮表示する掲示板やSNSでは、異なるサービスで生成された短縮URLを貼り付けると、URLが二重に短縮された状態になる。前回紹介した「ダックスフンドURL」では一度にひとつのURLしか解析できなかったが、本アプリでは二重に短縮されていてもまとめて解除できる。

 対応サービスの数が多いことに加え、カスケードされたURLの解除にも対応することから信頼性は非常に高く、実際に試した限りでは失敗するケースはほとんどなかった。まだバージョン1.0にも満たないソフトだが挙動はほぼ完成されており、定番としてこれからの普及が見込めるアプリと言えそうだ。

  • URLを長押しするとどのアプリで開くか選択肢が表示されるので、その中から「Long URL Expander」を選ぶ

  • URLが解析されて元のURLが表示された。複数のサービスでカスケードされた短縮URLも一発で元のURLを表示できる

  • 設定画面。中央の「Update ShortUrl list」をタップすると対応サービスが最新版に更新される。自動アップデート機能も実装してほしいところ

  • 対応する短縮サービスの数は本稿執筆時点で172件。海外CNETが使っているcnet.coのような特殊な短縮URLも網羅している

  • 手動でURLをコピペして解析する機能も備える

>>「Long URL Expander」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集