東和電子、世界最小据え置き型CDプレーヤーを発表--NANOCOMPOシリーズ第2弾

加納恵 (編集部)2013年04月15日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「NANO-CD1」

 東和電子は4月15日、「Olasonic(オラソニック)」ブランドから、世界最小の据え置き型CDプレーヤー「NANO-CD1」を発表した。横幅149mmの超小型コンポ「NANOCOMPO(ナノコンポ)」シリーズの第2弾モデルになる。発売は5月下旬。価格は6万3000円。

 NANO-CD1は、高さ33mm×幅149mm×奥行き149mmを実現したCDジャケットサイズのCDプレーヤー。すでにUSB DAC内蔵アンプ「NANO-UA1」が発表されており、今夏をめどにD/Aコンバータ「NANO-D1」も登場予定だ。

 シリーズ全モデルで横幅149mmを実現した超小型サイズが特長で、2012年10月には開発発表会を実施。その時点からボディデザインを一新し、登場した。

  • 「NANO-UA1」(下)との組み合わせ

  • 縦置きにも対応する

  • リアパネルにはレッドカラーを使用

 CD再生に特化したドライブメカを搭載し、高音質再生と安定性の向上を実現。背面には44.1/88.2/96kHzのサンプリング周波数が切替えられるスイッチを搭載し、CD音源をオリジナルの44.1kHzのほか、アップサンプリングして再生できる。

 出力端子は同軸デジタル、光デジタルの2系統を装備。筐体にはアルミダイキャストによるシームレス構造を採用する。UA1同様に新デザインを施したCD1は、ホワイトカラーを基調にボタン部にはシルバーを採用。タテヨコ置きに対応しており、右下に設けられたLCDディスプレイもタテ、ヨコ表示の切り替えが可能だ。

  • サンプリング周波数の切り替えスイッチを備える

  • ディスプレイ部。再生曲数やサンプリング周波数を確認できる

  • 縦置きした際にはディスプレイ部も縦型に変更可能だ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加