logo

ロジクール、UEブランド初のBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年04月09日 19時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは、UltimateEars(UE)ブランド初となるポータブルスピーカ「WS800」「WS500」を発表した。Bluetoothによるワイヤレス再生に対応する。発売は4月19日。ロジクールオンライン価格はWS800が2万4800円、WS500が9800円になる。


ロジクール代表取締役社長の竹田芳浩氏

 発表会場では、3月に発売されたヘッドホンの新製品「UE900/9000/6000/4000」もあわせて展示されており、UEブランドのラインアップ拡充をアピール。ロジクール代表取締役社長の竹田芳浩氏は「UEブランドとしては初めてのBluetoothスピーカを発売する。スマートフォンやタブレット端末の売上が伸びていく中、Bluetooth対応機器は人気があり、米国でも強い存在感を示している。日本においても今回のラインアップの拡充に合わせ、店頭展示状況を改善しながらいい製品をお届けしたい」と話した。

  • 会場内では司会も務めたDJ TAROさんとヘッドホン女子として知られるモデルの坂井香さんのトークセッションも行われた

 WS800/500は、Bluetoothによるワイヤレス接続ができるポータブルスピーカだ。両機種ともに充電式のバッテリを内蔵し、約4時間の充電でWS800は約6時間、WS500は約10時間の使用に対応する。

 WS800は12.7mmのトゥイータ2つ、76.2mmのウーファ2つ、パッシブラジエータ4つを搭載し、パワフルなサウンドを再現するとのこと。サイズは高さ164.4mm×幅386.4mm×奥行き78.5mmで、重量約1.98kg。最大3台までのBluetooth対応機器との同時接続が可能だ。

  • 「WS800」

  • 右サイドにはボリューム調整ボタン

  • 左サイトには電源ボタンやステレオmini入力端子など

 WS500は、25.4mmのフルレンジドライバ2つを内蔵したコンパクトモデル。マイクを内蔵し、スピーカフォンとして使用できるため、ハンズフリー通話や電話会議などでも使用できる。サイズは高さ61mm×幅111mm×奥行き67mmで、重量約298g。ボディカラーはブルー、ブラック、レッド、イエロー、ホワイトの5色を揃える。Bluetooth対応機器の同時接続は最大2台までとなる。

 いずれもステレオミニ入力端子を備え、有線での接続にも対応する。

  • 「WS500」

  • 天面にはボリューム調整ボタンとBluetooth接続

  • 背面には電源ボタンや充電用USB端子など

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集