logo

チケット取引仲介サービスのチケットストリート、第三者割当増資で6000万円を調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チケットストリートは3月29日、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタルを割当先とする、総額6000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金をもとに、中核人材の採用やプロモーションの強化を進める。

 チケットストリートは、2011年8月に設立。コンサートやイベント等のチケットをオンラインで取引できる取引仲介サービス「チケットストリート」を運営している。年中無休のサポートや電話対応窓口、発送代行などのサービスを提供。現在の会員数は10万人以上で、月間取扱高は7000万円以上だという。

-PR-企画特集