logo

角川GHD、連結子会社9社を吸収合併--商号は「KADOKAWA」へ

坂本純子 (編集部)2013年03月28日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川グループホールディングスは3月28日、10月1日付で連結子会社9社を吸収合併するとともに、6月22日付けで商号を「株式会社KADOKAWA」に変更すると発表(PDF)した。同日行われた取締役会において決議したもので、6月22日に開催予定の定時株主総会の承認を経て実施される。

 吸収合併されるのは、角川書店、アスキー・メディアワークス、角川マガジンズ、メディアファクトリー、エンターブレイン、中経出版、富士見書房、角川学芸出版、角川プロダクションの連結子会社9社。吸収合併方式により、連結子会社9社は解散する。

 KADOKAWAは、出版事業、映像事業、版権事業、デジタルコンテンツ事業等を行う事業会社となる予定だ。

 同社は、2003年4月に純粋持株会社体制に移行して以降、メディアリーヴス(現:エンターブレイン)、中経出版、メディアファクトリーの買収など活発なM&Aを行ってきた。

 最近では、1月に子会社だった角川グループパブリッシングを吸収合併し、組織再編に取り組んできた。しかし、より機動的な新規事業の展開を加速させるためには、IP(コンテンツ)・ID(顧客)を一つの会社に統合・結集する更なる組織再編が必要と判断したとしている。

 グループ各社に分散していた共通機能の集約化を進めると共に、コーポレートブランド「KADOKAWA」を強く打ち立て、国内外での事業展開の強化、世界で通用するコンテンツを創出していくとしている。

 なお、2012年3月期の連結売上高において、当社、合併予定の角川グループパブリッシングと連結子会社9社が占める売上高の割合は80%になるとしている。

-PR-企画特集