日本HP、Windows 8、タッチ搭載15.6インチノートPCを5万9850円から

坂本純子 (編集部)2013年03月25日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月25日、15.6インチワイドタッチディスプレイを搭載した個人向けスリムノートPC「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100」を発表した。

「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100」
「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b100」

 耐久性に優れたハードコート仕様のディスプレイ(1366×768)は、タッチ操作による傷が付きにくく、写真や動画も鮮やかに再現できる。

 また、筐体の表面加飾に、美しい光沢が長続きする「HP Imprint」テクノロジを採用し、フラットな美しいデザインを実現したとしている。CPUは、インテル Coreプロセッサを搭載した「インテルモデル」とAMD A8 APUを搭載した「AMDモデル」がラインアップする。

 インテルモデルは、インテルCore i3 2375Mプロセッサを搭載した「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b134TU」(5万9850円~)とインテルCore i5 3337Uを搭載した「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b133TX」(7万9800円~)がある。

 AMDモデルは、「AMD A8-4555M APU」を搭載した「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b102AU」(7万8000円前後)がある。

 このほかに、 Windows 8の詳細な解説本と周辺機器やインターネットの設定など、問題解決に向けた技術的な支援を行う「HPなんでも相談サービス(30日用)」などが付いた「安心おまかせモデル」をインテルモデルのみ用意する。価格は6万3000円~。

 なおAMDモデルには、1年間の標準保証に加え、「HPなんでも相談サービス(30日用)」を、標準で提供するとしている。

 販売は、インテルモデルは日本HPのオンラインストアHP Directplus、常時展示スペースHP Directplus Stationなどにて3月26日から、AMDモデルは一部量販店にて4月3日より順次、販売を開始する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加