ヤマハ、ハイレゾからスマホまで幅広いソースに対応するAVアンプ

加納恵 (編集部)2013年03月14日 20時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは3月14日、最大192kHz/24bitのネットワークオーディオ再生や専用アプリを使ったワイヤレス操作などのネットワーク機能を備えたAVアンプ「RX-V475」(価格:5万2500円)「RX-V575」(同:6万3000円)2機種を発表した。4月上旬に発売する。

 192kHz/24bit、WAV/FLACファイルにも対応した再生機能を備え、ハイレゾ音源再生も実現。専用アプリ「AV CONTROLLER」をスマートフォンやタブレットにダウンロードすればコントロールや端末内の音楽コンテンツ再生もできる。AirPlayや、インターネットラジオ局に簡単にアクセスできるvTunerの使用も可能だ。

  • 「RX-V475」

  • 「RX-V575」

  • 「YBA-11」

 MHLや4K、3D映像伝送に対応した5入力、1出力のHDMI端子、iPod/iPhone/iPadをデジタル伝送できる前面USB端子など、デジタルAV環境を構築できる最新の端子を装備。別売のBluetoothワイヤレスオーディオレシーバ「YBA-11」(価格:8400円/5月中旬発売)を使用すればBluetooth機器との連携も可能だ。

 独自の「シネマDSP」も搭載した高音質設計に加え、圧縮音源も高音質化する「ミュージックエンハンサー」も装備。BDから圧縮音源まで、幅広い音楽ソースに対応する。

 上位機となるV575のみ、7chのパワーアンプを内蔵したほか、シアターシステムを再生しているのと同じメインチャンネル音声を離れた場所に設置したスピーカでも聴ける「Zone B」に対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加