HTCの2月売上高、さらに落ち込む

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月07日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾の携帯電話メーカーHTCの前に垂れ込めている暗雲はまだ晴れそうにない。

 HTCは2月の売り上げが過去3年間で最低の水準となる、前年同月比44%減の113億新台湾ドル(3億8040万米ドル)になったと発表した。前月比でも27%の落ち込みとなっている。

 HTCは、ここから巻き返しを図れると考えている。3月末にかけて新たな主力モデル「HTC One」が市場に投入される予定であり、これによって業績はある程度改善されるはずだ。それに加えて、携帯電話ベンダーにとって第1四半期は、追い風が吹く第4四半期の揺り戻しが来るため厳しい時期となるのが一般的である。

 残念ながらHTCの2012年第4四半期は好調ではなかったうえ、2013年1月も楽観視できる業績だったとは言えない。今回の発表からも、スマートフォン分野でかつて名をはせていたHTCが、Appleやサムスン電子といった大手競合企業の勢いに押され続け、窮地に立たされている実態がより明確になったと言えるだろう。


HTC One
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加