充電池内蔵で持ち運べるBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年02月20日 16時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シネックスインフォテックは、米Antec製「a.m.p.」ブランドのBluetoothスピーカ「SP1」を発表した。充電池を内蔵したポータブルタイプで、スマートフォンなどの通話にも対応する。発売は2月下旬。店頭想定価格は9975円になる。

 高さ62mm×幅158mm×奥行き41mm、重量約370gの長方形で、ブラック、ホワイト、グリーンの3色を用意。通話用のマイクにはエコーキャンセラーを搭載し、クリアな音声通話を実現。低音専用のパッシブラジエータも搭載し、パワフルなサウンドを再現するとしている。

 Bluetoothは、最大8台まで接続先を記憶するマルチペアリングタイプ。外部入力端子による機器接続にも対応する。電源には内蔵リチウム充電池を使用。約3時間の充電で、連続約10時間の再生が可能だ。


「SP1」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加