logo

ジンガ、第4四半期決算を発表--アナリスト予測を上回る

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月06日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何カ月にもわたってコスト削減とスリム化を実施してきたZyngaが2012年第4四半期決算を発表した。同社によると、今期の調整済み1株当たり利益は1セントで、売上高は2%減の3億1120万ドルだったという。Zyngaは前年同期、1株当たり損失1.12ドルを計上していた。

 今期決算は、アナリストたちのコンセンサス予想の1株当たり損失3セント、売上高2億1200万ドルを上回った。

 経営陣は2013年第1四半期の売上高について、2億5500万ドル~2億6500万ドルの間になるだろうと述べた。同社は、第1四半期の純損失が3200万ドル~1200万ドルの間になるとも予測した。

提供:Zynga
提供:Zynga

 最高経営責任者(CEO)のMark Pinkus氏は事前に準備していた文書の中で、「第4四半期の最大のハイライトは、弊社のチームが続編の『FarmVille 2』を成功に導いたことだ」と述べた。Zyngaは2013年、「この新種のソーシャルゲーム群を携帯電話とタブレットに導入し、人々が一緒にゲームをプレーできるより簡単で優れた方法を提供するネットワークを構築する予定だ」とPinkus氏は付け加えた。

 Pincus氏はその後の電話会議でアナリストに対して、Zyngaは「2012年第4四半期に順調な進歩」を示したと述べ、同社はモバイル事業の拡大を進めていると付け加えた。

 さらに最高執行責任者(COO)のDave Ko氏は、モバイルがZyngaのブッキングに占める割合が前年同期の8%から拡大して21%になったことを指摘した。同氏はその後、2013年を「Zyngaにとってモバイル化の年」と説明した。

 Zyngaは2012年第4四半期について、以下の数字を発表した。

  • 売上高:3億1120万ドル。
  • ブッキング:2億6130万ドル。前年同期比15%減だが、前期比では2%増。
  • 純損失:4860万ドル。前年同期の純損失は4億3500万ドルだった。
  • 希薄化後の1株当たり利益(EPS): 0.06ドルの損失。前年同期は1.22ドル、前期は0.07ドルの損失だった。
  • 現金とキャッシュフロー: 2012年12月31日時点で、現金、現金同等物、および有価証券は16億5000万ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集