logo

SBM、スマートフォン「HONEY BEE」第2弾の発売日を発表

松田真理 (マイカ)2013年01月23日 17時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは1月23日、京セラ製スマートフォン「HONEY BEE SoftBank 201K」(201K)、シャープ製フィーチャーフォン「PANTONE WATERPROOF SoftBank 202SH」(202SH)を1月25日に発売すると発表した。両機種ともに価格はオープンとなっている。

 201Kは、「HONEY BEEスマートフォン」の第2弾モデル。OSにAndroid 4.1を搭載し、有効約810万画素のアウトカメラと約200万画素のインカメラを備えた。音声による操作機能「すぐごえ」、ワンセグ、おサイフケータイにも対応している。

 サイズは幅約57mm×高さ約121mm×厚さ約12.9mmで、重量は約129g。カラーは、ピンク、ホワイトピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープルの5色。

 202SHは、PANTONEケータイとして初めて、IPX5/7相当の防水性能とIP5X相当の防じん性能に対応した。白戸家のお父さんのオリジナル待受画像や時計などのコンテンツも内蔵した。緊急速報メール、Bluetooth、ワンセグなどの機能も利用できる。

 サイズは幅約50mm×高さ約104mm×厚さ約18.5mmで、重量は約108g。カラーは、ブルー、ブラック、ホワイト、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンク、イエロー、ライムグリーンの8色。


201K(左からホワイトピンク、ピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープル)

202SH(左からブラック、ホワイト、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンク、イエロー、ライムグリーン、ブルー)

-PR-企画特集