logo

パイオニア、タッチや投げ込み操作で直感的にプレゼンできるディスカッションテーブル

加納恵 (編集部)2013年01月21日 16時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアの子会社であるパイオニアソリューションズは1月21日、32型のタッチパネルを備え、動画や写真、説明資料などのデジタルコンテンツをタッチ操作で表示、プレゼンテーションができるディスカッションテーブル「WWS-DT301」を発表した。3月初旬から法人向けに販売する。販売価格はオプション含め200万円以内を想定しているという。

  • 「WWS-DT301」

 同社では、2011年に52型のディスカッションテーブルを発表。ブライダルサロン、金融関係、不動産販売などの店舗で採用されている。

 WWS-DT301は画面内の資料をタッチ操作で拡大表示したり、捕捉したい内容を資料書き込むなどの操作ができるほか、サブディスプレイにカードを投げ込むようなタッチ操作で資料を表示できるなど、直感的な操作を実現。モニタはフルHD解像度で、細かい図面などが見やすいほか、複数のコンテンツを同時に表示し操作することもで可能だ。

 PDFやPowerPointなどの資料を本のようにページをめくって操作できる「Book機能」を用意したほか、必要な情報だけを切り出せる「クリッピング機能」、切り出した情報を他のカードで保存できる「貼り付け機能」なども搭載。別途オプション機能を追加すれば、帳票画面に手書き入力した内容を自動文字認識変換して電子化し、登録できる「手書き帳票機能」にも対応する。

 サブディスプレイ出力を2系統備えたほか、タブレットで利用しているコンテンツを、Wi-Fi接続で静止画転送できる「Visual Sync機能」、インターネットや二次元バーコードを使ってスマートフォンに視聴を提供する「InfoSync サービス機能」など、「メディアハブ機能」も装備する。

 OSはWindows 7。デスクサイズは高さ720mm×幅1400mm×奥行き720mmになる。

-PR-企画特集