logo

フラットボディの軽量タブレット「Xperia Tablet Z」--今春に日本発売

藤井涼 (編集部)2013年01月21日 10時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは1月21日、約10.1インチのタブレット端末「Xperia Tablet Z」を、2013年春にも日本国内で販売することを発表した。薄さ約6.9ミリ、約495gの軽量フラットボディが特徴で、1.5GHzのクアッドコアプロセッサを搭載する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

  • 「Xperia Tablet Z」

 約10.1インチのWUXGAディスプレイには、高輝度・高精細な映像表現を可能にする「Reality Display」を採用。またシーンやコンテンツの解像度に応じて自動で効果を調整する「モバイルブラビア エンジン2」によって、映像コンテンツを鮮やかに美しく表現する。

 さらに、Xperia Tabletとして初めてソニー製裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”を採用した約810万画素カメラを搭載した。暗い場所や逆光時でもカメラが自動でシーンを認識し、最適な設定に自動調整する“プレミアムおまかせオート”機能によって、簡単にきれいな写真を撮影できる。

 そのほか、音の動きや広がり感を実現するバーチャルサラウンド技術「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」などの独自技術を搭載。NFCも搭載しており、対応のXperiaスマートフォンやソニー製の機器にかざすだけで、写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングできる。

-PR-企画特集