フォーティネット、UTMアプライアンスOS新版--標的型攻撃やBYODに対応

田中好伸 (編集部)2012年12月05日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーティネットジャパンは12月4日、統合脅威管理(UTM)アプライアンス「FortiGate」のOSの新版「FortiOS 5.0」を発表した。セキュリティを中心に機能を強化しており、標的型攻撃とスマートデバイス普及による私物端末の業務利用(BYOD)に対応できるという。

 FortiOS 5.0のセキュリティ機能強化としてクライアントレピュテーション機能を追加している。過去の挙動に基づいて決定された各端末の危険度を把握できる。

 ゼロデイ攻撃をリアルタイムで特定できるというマルウェア検出システムには、サンドボックスやボットネットIPレピュテーションなどFortiGate上の挙動ベースのヒューリスティックエンジンとクラウドベースのウイルス対策サービスが組み込まれている。

 管理機能の強化としては、端末を特定して、端末のタイプやグループ、場所、用途に応じてアクセスポリシーとセキュリティプロファイルを適用することで、モバイル端末とBYOD環境を保護できるという。管理機能の一環として、場所やデータ、アプリケーションのプロファイルに基づいて、ユーザーとゲストの役割に基づいたポリシーを自動調整できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加