logo

シャープ、すっきりスマートに設置できるテレビ用スピーカ

加納恵 (編集部)2012年11月21日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、テレビ向けスピーカシステムにシアターバータイプの「HT-SB60」とシアターラック型の「AQUOSオーディオ AN-SR400」(AN-SR400)を追加した。両機種ともにHDMIケーブルでテレビと接続するだけで使用できる簡単設置モデルになる。

  • 「HT-SB60」

 HT-SB60は、横幅1385mmで60V型テレビとの組み合わせに最適な本体に、直径2.5cmのソフトドームトゥイータと、直径5.7cmのウーファを内蔵したフロントスピーカと、直径16cmのウーファを備えたバスレフ型サブウーファから構成されるスピーカシステムだ。

 フロントスピーカとサブウーファはワイヤレス接続でき、フロントスピーカとテレビをHDMI端子で接続するだけで使用できる。独自の「3D SOUND システム」で、立体的な音を再現することも可能だ。フロントスピーカは同梱の壁掛け金具を使えば、壁掛け設置にも対応する。発売は11月30日。店頭想定価格は4万円前後になる。

  • 「AQUOSオーディオ AN-SR400」

 AN-SR400は、32~40V型の液晶テレビにマッチするラックタイプのスピーカシステムだ。直径6.5cmのフロントスピーカ2つと、直径16cmのサブウーファを1つ備えた2.1chシステムだが、「ドルビーバーチャルスピーカー」により、5.1ch効果も再現できる。

 テレビ「AQUOS」のリモコンから電源のオン、オフや音声切り替え、サウンドモードの変更などができる「AQUOSファミリンクII」にも対応。サウンドモードはシネマ、ニュース、スポーツ、ジャズ、クラシック、ナイトなど11種類を用意する。

 サイズは高さ391mm×幅1002mm×奥行き414mmで、部屋のコーナー部分にもぴったりと設置できるよう、背面の左右を斜めにカットしている。発売は12月7日。店頭想定価格は5万円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集