パイオニア、楽曲ソフト「MIXTRAX Software」が進化--曲の簡単ミックスが可能に

加納恵 (編集部)2012年11月13日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは11月13日、ノンストップミックス再生ができる無料の楽曲管理ソフトウェア「MIXTRAX Software」をバージョンアップすると発表した。「ミックスクリエイター」機能を追加し、曲の簡単ミックスが可能になる。バージョンアップ版の提供開始は11月28日。MIXTRAXグローバルサイトから無料でダウンロードができる。

  • 「ミックスクリエイター」操作画面

 MIXTRAX Softwareは独自の楽曲解析技術と楽曲ミックス技術で、ノンストップミックス再生ができるというもの。追加されるミックスクリエイター機能を使えば、自分の好きな楽曲の好きな範囲を使って個性的な楽曲編集ができるという。

 ミックスクリエイター機能は、解析した楽曲の情報を「イントロ」「サビ」など3種類のブロックで表示し、再生範囲や曲のつなぎ方を簡単に指定してミックスできる。楽曲の順番を入れ替えたり、同じ曲の一部分を繰り返し再生することも可能だ。

 ミックスした楽曲はMP3やWAV形式でPCに保存でき、パイオニアのオーディオ「STEEZ」に転送したり、iTunesに取り込んだりして再生できる。

 対応OSは、Windows XP SP3/Vista SP1、SP2/7(32bit/64bit版)とMac OS X 10.6 Snow Leopard/10.7 Lion/10.8 Mountain Lion。

 Windows版は起動時間が楽曲時間を短縮したほか、動作スピードアップを実施しているとのこと。Mac版には楽曲の再生範囲やエフェクトの種類を変更する「ミックススタイル新規作成・編集」機能を加えたほか、リズムパターンを作成する「リズムシーケンサ」機能を採用し、Windows版同様の使い勝手を実現している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加