位置ゲームのコロプラ、12月13日にマザーズに上場へ

佐藤和也 (編集部)2012年11月09日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロプラは11月9日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は12月13日で、証券コードは3668。

 上場にともない、78万株を公募。54万株を売り出す。オーバーアロットメントによる売り出しは13万2000株。代表取締役社長の馬場功淳氏が40万株、取締役副社長の千葉功太郎氏が14万株をそれぞれ放出する。

 公募・売り出し価格の仮条件の決定は11月22日、ブック・ビルディング期間は11月27日から12月3日まで。価格の決定日は12月4日。主幹事証券会社は大和証券。

 コロプラは2008年10月に設立。馬場氏が個人事業として行っていた、位置情報を利用したゲームアプリ「コロニーな生活」の事業を移管し運営。現在は位置情報ゲームオープンプラットフォーム「コロプラ」を展開している。

 2011年9月期の売上高は22億8320万円、経常利益は5億6807万8000円、純利益は2億8326万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加