アクトビラ、接続率アップへの施策を発表--CATV向けサービスを開始

加納恵 (編集部)2012年11月02日 19時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ向け動画配信サービスなどを手がけるアクトビラは11月2日、新サービス説明会を開催した。CATV局経由でVODサービスを開始する「ケーブルアクトビラ」の提供を開始したほか、スマートフォンやタブレットとの連携強化などの施策について話した。


代表取締役社長の香西卓氏

 代表取締役社長の香西卓氏は「2013年3月期上半期が終了し、売上高は前年比2.3倍と計画予測よりもプラスで推移している。この状況を維持するとともに、成長するための今後の方針を打ち出す。アクトビラの累計接続台数は450万台、会員登録数は60万だが、アクトビラ ビデオ・フル対応機は現在4200万台あり、接続率は低い。ここをいかに上げるかが重要だ。そのため、既存のアクトビラサービスに加え、アクトビラプラットフォーム分野、システムオペレーション分野、マルチスクリーン対応などの新アクトビラサービス分野を加え、大きく成長していきたい」と施策を話した。

  • アクトビラ事業サービスの進化

ケーブルアクトビラでCATV局と連携して接続を促進

 アクトビラプラットフォーム分野では、ケーブルアクトビラと「有料プレミアムサービス」について紹介した。

 ケーブルアクトビラは、全世帯の約50%を占めるCATV受信世帯に向けたサービスだ。アクトビラ ビデオ・フル対応のセットトップボックス(STB)を使用し、CATV局専用の画面を用意。CATV局にはVOD取扱高のキックバックも用意する。すでに2社のCATV局と契約しており、12月からサービスを開始する予定。今後順次対応局を拡大していく予定だ。

  • テレビリンクのデモ。2台のテレビで同じコンテンツが視聴できる

 新ビジネスモデル提案として用意されたのが有料プレミアムサービスだ。これは月額315円のプレミアムサービスに加入すると特典を受けられるというもの。中でも購入したコンテンツを自宅のもう1台のテレビでも視聴できる「テレビリンク」は、「ユーザーから多くのリクエストをもらっていたサービス」(アクトビラ)だ。テレビリンクにより、リビングのテレビで見ていたコンテンツの続きを寝室のテレビで視聴したり、リビングと寝室それぞれのテレビで同じコンテンツを同時視聴したりすることが可能になる。

 10月15日からプレサービスを実施しており、ユーザーからは大変好評を得ているとのこと。このほか、プレミアムサービスに加入すると映画作品が通常価格の最大半額、ポイントプレゼントなど、6つの特典が受けられる。

  • スマートフォン、タブレットへの対応状況

スマホでの無料動画配信もスタート

 アクトビラサービスも強化する。すでに番組検索や視聴予約をサポートしているスマートフォン、タブレット連携は、新たに無料動画配信をスタートする。配信コンテンツはアクトビラで配信中の無料動画、有料動画のプロモーション動画、予告編など。アクトビラの公式サイトから視聴できるほか、Google Playに公式アプリも用意する。

 対象機種はAndroid、iOSを搭載したスマートフォンとタブレット。今後はリモコン機能を追加するほか、有料動画配信も実装していく。

 このほか、データ放送と通信VODを連携させ、シームレスに通信と放送画面を行き来できるようにした放送通信連携サービス、テレビ向け動画配信サービスの運用ノウハウをいかし、グローバル向け映像再生アプリと配信システムの開発、運用の受託なども行なっている。

 香西氏は「ケーブルアクトビラの開始によって、早くて3年後、遅くとも5年後には今の接続台数450万台を1000万台にしたい」と今後の目標を話した。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加