ヤマハ、球体から切り出したような端正なヘッドホン--HiFi思想の高音質再生

加納恵 (編集部)2012年10月25日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月25日、密閉ダイナミック型ヘッドホンの新製品としてクールなデザインを採用した「HPH-PRO500/PRO300」を発表した。いずれもマイク付きリモコンを装着したケーブルを備え、スマートフォン対応モデルとなる。直販サイト「Yダイレクト」にて販売されるほか、インテリアショップ、セレクトショップなどでも順次取り扱いを開始する予定だ。

  • 「HPH-PRO500」

 PRO500には口径50mmのドライバユニットを内蔵し、バックケース部に高剛性アルミ合金製のハウジングを採用。スケール感あるサウンドを追求したとしている。

 イヤーカップは耳を覆うオーバーイヤー型で、高い遮音性能を確保。ウレタン素材のイヤーパッドとクッション性の高いヘッドバンドで自然な掛け心地を提供するとしている。

 ケーブルは片出しタイプの着脱式で、1.2mと3mの2本が付属。1.2mのケーブルにはiPhone/iPod/iPad対応リモコンマイクが付属する。重量は約369g。レーシングブルーとエボニーブラックの2色展開になる。発売は12月下旬。店頭想定価格は5万円前後だ。

  • 「HPH-PRO300」

 PRO300は、ネオジウムマグネットを採用した口径40mmのドライバユニットを内蔵したモデルだ。イヤーパッドを耳の表面に押し当てるするオンイヤー型で、重量約200gの軽量ボディと優れた遮音性を実現するとしている。ケーブルは1.2mで、iPhone/iPod/iPad対応リモコンマイク付き。ケーブルの着脱はできない。ボディカラーはアイボリーホワイト、レーシングブルー、エボニーブラックの3色を用意。11月下旬から発売する。店頭想定価格は3万円前後になる。

 両機種ともに、ひとつの球体から切り出したような一体感のあるデザインを採用したとのこと。どちら側から畳んでも必ずシェル部とイヤーパッド部が重なる折りたたみ機構を用いる。なおボディカラーは、バイクや楽器をイメージさせるカラーリングにしているという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加