logo

ヤマハ、ネットワーク再生も可能なCDプレーヤー--ハイレゾ音源にも対応

加納恵 (編集部)2012年10月18日 15時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月18日、CDプレーヤーにネットワークオーディオ機能を盛り込んだネットワークCDプレーヤー「CD-N500」を発表した。LAN端子を備え、ネットワーク経由でのハイレゾ音源再生にも対応する。発売は12月上旬。店頭想定価格は6万6000円前後になる。

  • 「CD-N500」シルバー

 トップカバーとシャーシ底面に鉄製の制振板を加えたダブルトップ&ボトム構造や、CD専用の光ピックアップの採用など、CDの高音質再生技術を搭載。CD部、ネットワーク/USB部はそれぞれ電源を分けるといったこだわりの設計も施されている。

  • 「CD-N500」ブラック

 ネットワークオーディオ機能では、PCやNASに保存してある音楽ファイルを検索、再生が可能。MP3、WMA、AACのほか192kHz/24bit(FLAC/WAV)のハイレゾ音源、Apple Lossless 48kHz/16bit再生をサポートする。インターネットラジオ放送が聴ける「vTuner」を備えたほか、radiko.jpにも対応する予定だ。

 付属リモコンのほか、操作アプリ「NETWORK PLAYER CONTROLLER」を用意し、スマートフォンやタブレットからの手元操作も可能。NETWORK PLAYER CONTROLLER内のプレーヤー機能を使えば、端末内の音楽ファイルをワイヤレス再生することもできる。iOS版、Android版ともに用意される。

 サイズは高さ96mm×幅435mm×313.3mmの単品コンポサイズで、iPhone/iPad/iPod接続ができるUSB端子、光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA出力を装備。ボディカラーはシルバーとブラックの2色をそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集